プリプレグ 商品一覧

『プリプレグ』とは、カーボンなどの繊維に、前もって樹脂を含浸させた中間材料です。 用途に合わせて多くの種類の組み合わせをつくり出すことができます。 樹脂(マトリックス)は大きく分けて熱硬化性と熱可塑性に分かれます。

熱可塑性プリプレグ

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の中でも、マトリックスがエポキシやポリエステルではなく、アクリル、HTPE、PET、PPやナイロンPA6、PPS等の熱可塑性樹脂を炭素繊維に含浸させたものが熱可塑プリプレグです。

>> 詳細はこちら

プリプレグ(熱硬化性)

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の中でも、マトリックスがエポキシやポリエステルではなく、アクリル、HTPE、PET、PPやナイロンPA6、PPS等の熱可塑性樹脂を炭素繊維に含浸させたものが熱可塑プリプレグです。

>> 詳細はこちら

PC / CFRTP コンポジット パネル

ここで、ご紹介するJCM PC/CFRTP複合材は、情報家電メーカーに、実際に量産部品に採用されているそのものです。複数年かかって研究開発され、取捨選択された後に選ばれた量産コンポジットのCFRTP板です。

>> 詳細はこちら

ATP用、構造用CFUD プリプレグ・テープ

不等方性材料である、炭素繊維の機械的特性を生かしたものづくりには、UDの積層成形は欠かせません。従来のCFRPでは、熟練の技術者が、プリカットしたプリプレグ材料を積層設計図面にあわせて、丁寧に手で積層し、貼りこむことにより、高性能なCFRP成形品を作ってきました。

>> 詳細はこちら

© 2021 日本複合材マーケット