成型システム 商品一覧

CFRP成形に特化したプレス成形機システム

プレスでカーボンコンポジットを成形することは、量産+低コスト成形を目指す日本国内の工場では常識のように考えられています。日本の製造業では、これまで金属加工の主力としてプレス成形をしてきたので、その設備、技術を転用、発展させていくというのは一つの解だと思います。

>> 詳細はこちら

カーボンコンポジットの短時間成形加工システム

コンポジット=複合材料というぐらいですから、材料の成形の特性も一筋縄ではいきません。カーボンコンポジットと一口にいっても、マトリックス樹脂が熱硬化性のものと熱可塑性のものでは「常識」が異なります。

>> 詳細はこちら

RTM成形システム

カーボンコンポジットの成形方法の中で、大型量産成形に向いた成形方法にRTM成形(Resin Transfer Molding=樹脂を(後から)運び込む成形の意)があります。
RTM成形は熱硬化性の樹脂(エポキシ)を使用しますが、日本国内の産業では一般的な熱可塑性樹脂の射出成形の方法で言うところのファブリックインサート成形に近い概念です。

>> 詳細はこちら

オートクレーブ

カーボンコンポジットと言えば…」とCFRP成形の代名詞とも言われるオートクレーブ成形機のご案内です。「CFRPって、プリプレグっていう特殊で高価な材料を、釜で焼いて固めてあるのでしょ?」そのようなイメージを持っている人は、多くいらっしゃると思います。

>> 詳細はこちら

© 2021 日本複合材マーケット