オートクレーブ

カーボンコンポジットと言えば…」とCFRP成形の代名詞とも言われるオートクレーブ成形機のご案内です。
「CFRPって、プリプレグっていう特殊で高価な材料を、釜で焼いて固めてあるのでしょ?」そのようなイメージを持っている人は、多くいらっしゃると思います。レーシングカーや航空機の部品がオートクレーブ成形で製造されていることは、広く知られており、ボイドのない信頼性の高いCFRP成形品の製造が可能です。
オートクレーブ成形は「少量のスペシャル品の生産技術」と考えられがちですが、海外ではPCのケースの生産や自転車の部品など、量産用に使われる例も多くあります。

JCM日本複合材マーケットは、御社の量産商品に適したオートクレーブ・システムのご提案をさせていただきます。材料技術の進歩により、今や、オートクレーブ成形は、時間と手間のかかる特別な成形品専用というわけではありません。成形材料も含めご提案させていただきます。もちろん、大型のモノや研究開発用途に使える小さなマルチ・タスク対応の機器もご用意できます。詳細については、専門の担当者がご対応いたします。お問い合わせください。

CFRP硬化成形用オートクレーブ

特 長

  • CFRPの加熱・加圧成形炉
  • 制御は簡単に操作できるようにプログラム済みです。(シーケンス制御)
  • 成形工程や扉開閉の自動化はもちろん、手動による操作も可
  • 温度・圧力の精密制御
  • 真空バッグラインの個々の自動制御
  • 操作の簡易化、メンテナンスの迅速な対応

    有効寸法・使用温度の打合せをして設計・製作いたします。

CFRP成形装置は完全受注生産です

CFRPの成形方法は中加圧のオートクレーブ法をはじめ、無加圧のハンドレイアップ法、低加圧のプレス法、VaRTM法など様々です。弊社は其々の成形法に合致した成形装置をご提案いたします。

装置・機器成型方法
オートクレーブオートクレーブ法
オーブン(無加圧)バキュームバック法
オーブン(無加圧)レジンインフュージョン法(VaRTM含む)
オーブン(無加圧)レジンインジェクション法(RTM含む)
角型加圧オーブン無加圧の成型方法で、少しだけ加圧したい時は
角型加圧オーブンをお勧めします。

© 2021 日本複合材マーケット