現在のモノづくりは、どんどん難しくなっていきます。
「昔ながらの伝統の技術で勝負」が通用しない時代がきています。
CFRPは40年以上前から「新素材」「先端材料」と呼ばれてきましたが、それは今なお材料技術が見直され、設計技術、成形技術が高度に進化しているからにほかなりません。

軽量化。

特に高強度軽量化は、人間の社会活動で常に求めてこられました。
軽量構造は何もCFRPでなくても実現できます。
ハイテン鋼が開発され、アルミニウムに代表される非鉄軽合金が社会を高度化してきました。

必要十分な強度がコストと合わせて得られれば、一般構造材として採用されてきました。

複合材料もまた、乾漆器や障子やふすま、曲木やプライウッド(成形合板)など、炭素繊維(カーボンファイバー)が発明される前から、洋の東西を問わず、いろんなモノが軽さを重視する製品に使われてきました。その多くのアイテムが「動く」「飛ぶ」「移動させる」という機能が必要なモノでした。

それらは、人間社会が高度化する過程で、航空機はCFRPを主要構造材に採用し、電気自動車を構成する部品を、ポータブル情報家電を軽量化するのに様々な複合材が選ばれてきました。
スポーツ用品もまた然りです。

現在、風力発電のブレード生産のために世界中の炭素繊維が一部の地域に集中して消費されています。
モノが大きく国家の電源供給というインフラ開発に使われているため、炭素繊維はニーズが生産キャパシティを超え、供給不足に陥っています。
直径200m級の風車はCFRPを使わないと製造できないからです。

しかし、いつまでも続くわけではありません。
いずれそれが、大量のCFRP廃材になることも、普通に想像できますね。作ったものは必ず片付けないとダメだというのが今の世界ルールです。
作りっぱなしは許されません。

モノづくりの先が見えているわけではないので、当サイトでは、その選択肢を増やしたい。

多様化した世の中に対して多様なソリューションでJCMはお応えしようと考えています。

正解が分かっていない段階で「こっちですよ」とは言えません。
ただ、複合材料の専門領域では、「こんな材料もある、こんな新しい成形技術もあります」と、最新のトレンドも含めた、正確な情報をお伝えすることはできます。

その市場の方向性を知る上で重要なのは、信頼できる国際的な情報ネットワークです。
日本語で発出されるリリースは、特定の会社の思惑が強く反映され、正確な情報であるとは限りません。
日本ブランドの炭素繊維は、世界シェアの70%以上を占めます。
日本のメディアは、日本語のリリースを鵜呑みにしますが、欧米人の評価とは異なる場合があります。

そこを見落とすと「ガラパゴス的思考」に陥り、国際スタンダードから外れてしまいます。

未来はどの方向へ向かうかは、わかりません。どれが選ばれるかは、世界の各地域の事情とお客さまの決断になります。
その決められた方向が見いだせたときには、そちらの方向にすばやく動けるようにしよう、そういう複合材マーケットでありたいといと思っています。

令和4年2月
株式会社日本複合材
代表取締役 柳原淳一

PAGE TOP