日本複合材マーケット 取扱商品一覧

ドライファブリック

カーボン(炭素繊維)織物

炭素繊維を織物にしたものです。経糸、緯糸を1/1で織った平織、2/2で一目飛ばしに織った綾織りが構造用途、外観用途には一般的です。 JCMのカーボン織物は主に日本銘柄の東レ、東邦テナックス、三菱ケミカルのトウを使用しています。台湾のフォルモサプラスチック、韓国のヒョースン、トルコのダウ・アクサのカーボンカーボンファイバーでの製造も可能です。

>> 詳細はこちら

CF ブレイディング(チューブ状編み物)

昨今、注目されているRTM成形との相性が良い、カーボン(炭素繊維)ブレイディング(編物)です。
JCM日本複合材マーケットでは、日本銘柄の東レ、三菱ケミカル、台湾銘柄のフォルモサ・プラスチック社製の糸をブレイディングしたものをご提案可能です。

>> 詳細はこちら

シルバーカーボン織物(Gシルバー織物)

シルバー・カーボンというのは通称で、グラスファイバー織物に、アルミを蒸着加工した織物です。ヤーンの太さ、織物のパターンがカーボンでポピュラーな「3K綾織」「3K平織」タイプが人気です。

>> 詳細はこちら

構造用カーボン(炭素繊維)UD
単一方向性

金属素材や樹脂素材とは異なるカーボンコンポジットの特長のひとつに「強度/弾性の方向性を設計できる」という点があります。炭素繊維を0度方向に引きそろえ、90度方向には、少量のガラス繊維やナイロン糸でステッチされたUD(Uni-Direction =単一方向性)織物は、カーボンコンポジットの特長(不等方性)を生かした設計には欠かすことのできないものです。

>> 詳細はこちら

特殊織(表面材)カーボン織物

JCM日本複合材マーケットは、平織、綾織のカーボン織物をリーズナブルな価格で提供しているだけでなく、ガラス繊維、アラミド繊維その他の工業繊維と混織した特殊カーボン織物もお取扱いしています。

>> 詳細はこちら

プリプレグ

『プリプレグ』とは、カーボンなどの繊維に、前もって樹脂を含浸させた中間材料です。 用途に合わせて多くの種類の組み合わせをつくり出すことができます。 樹脂(マトリックス)は大きく分けて熱硬化性と熱可塑性に分かれます。

熱可塑性プリプレグ

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の中でも、マトリックスがエポキシやポリエステルではなく、アクリル、HTPE、PET、PPやナイロンPA6、PPS等の熱可塑性樹脂を炭素繊維に含浸させたものが熱可塑プリプレグです。

>> 詳細はこちら

プリプレグ(熱硬化性)

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の中でも、マトリックスがエポキシやポリエステルではなく、アクリル、HTPE、PET、PPやナイロンPA6、PPS等の熱可塑性樹脂を炭素繊維に含浸させたものが熱可塑プリプレグです。

>> 詳細はこちら

PC / CFRTP コンポジット パネル

ここで、ご紹介するJCM PC/CFRTP複合材は、情報家電メーカーに、実際に量産部品に採用されているそのものです。複数年かかって研究開発され、取捨選択された後に選ばれた量産コンポジットのCFRTP板です。

>> 詳細はこちら

ATP用、構造用CFUD プリプレグ・テープ

不等方性材料である、炭素繊維の機械的特性を生かしたものづくりには、UDの積層成形は欠かせません。従来のCFRPでは、熟練の技術者が、プリカットしたプリプレグ材料を積層設計図面にあわせて、丁寧に手で積層し、貼りこむことにより、高性能なCFRP成形品を作ってきました。

>> 詳細はこちら

成形品

熱可塑性CFRPのプレス加工による量産成型、熱可塑性CFRP(CFRTP)の成形品を販売しております。
また、オリジナル成形品もお受けいたします。一度ご相談ください。

ソフトカーボン・レザー

ソフトカーボンレザーはFIC(Film Infused Carbon)シートです。
カーボンファブリックを塩化ビニルとポリエチレンのフィルム素材をフィルムインフューズ成形したもので、「やわらかいリアル・カーボン」です。生産技術の改良により、連続生産を実現し、リーズナブルな価格設定が可能になりました。

>> 詳細はこちら

丸(楕円)パイプ

構造材料を構成する上で、パイプ形状のものはその一部でしかありませんが、金属材料からの材料置換を考える場合に、とても有効な材料であることは間違いありません。

>> 詳細はこちら

成形システム

CFRP成形に特化したプレス成形機

プレスでカーボンコンポジットを成形することは、量産+低コスト成形を目指す日本国内の工場では常識のように考えられています。日本の製造業では、これまで金属加工の主力としてプレス成形をしてきたので、その設備、技術を転用、発展させていくというのは一つの解だと思います。

>> 詳細はこちら

カーボンコンポジットの短時間成形加工システム

コンポジット=複合材料というぐらいですから、材料の成形の特性も一筋縄ではいきません。カーボンコンポジットと一口にいっても、マトリックス樹脂が熱硬化性のものと熱可塑性のものでは「常識」が異なります。

>> 詳細はこちら

RTM成形

カーボンコンポジットの成形方法の中で、大型量産成形に向いた成形方法にRTM成形(Resin Transfer Molding=樹脂を(後から)運び込む成形の意)があります。
RTM成形は熱硬化性の樹脂(エポキシ)を使用しますが、日本国内の産業では一般的な熱可塑性樹脂の射出成形の方法で言うところのファブリックインサート成形に近い概念です。

>> 詳細はこちら

オートクレーブ

カーボンコンポジットと言えば…」とCFRP成形の代名詞とも言われるオートクレーブ成形機のご案内です。「CFRPって、プリプレグっていう特殊で高価な材料を、釜で焼いて固めてあるのでしょ?」そのようなイメージを持っている人は、多くいらっしゃると思います。

>> 詳細はこちら

© 2021 日本複合材マーケット